【5Force分析】自社を取り巻く力関係を把握し、ビジネスの視野を広げる

インドで働くビジネスマンのためのMBA入門講座

5Force分析とは、外部環境分析をするマーケティングフレームワークの一つだ。PEST分析との相性がよく、PEST分析と合わせて分析することで、自社の存在する業界の外部環境の現在と将来の流れが読み解けるようになる。

ここでは、5Force分析の基本的概念と実務で活かす方法について紹介する。

5 Forceとは

5Forceとは別名「5つの力」と言われるように分析する業界における5つの力関係を見極め、その業界が魅力的であるかどうかを判断する外部環境分析のためのマーケティングフレームワークの一つだ。

5つの力とは「競合」を中心に「買い手」「売り手」「新規参入」「代替品」が存在する。


5Force分析のフレームワーク

「競合」との関係性が脅威であるか、交渉力が強いかどうかを下記の条件をもとに「強」「中」「弱」のいずれかから選ぶ。

競合の脅威 
①市場規模に対して競合の数が多い  ②市場成長度が低い 等

買い手の交渉力
①価格競争が起きている  ②買い手の選択肢が多い 等

売り手の交渉力
①希少性が高い ②選択肢が少ない ③売り先が多い 等

新規参入の脅威
①初期投資が少ない ②規模の経済がきかない ③買い手のスイッチングコストが低い 等

代替品の脅威
①顧客にとって同様のサービス(製品)が業界外にある
②技術革新によるコスパの高いサービス(製品)等
「成長を加速する」記事一覧へ

関連記事