インドで検索上位を目指すならSeahawkMEDIAへ

Weworkで働く人をインタビュー

インドでも拠点を拡大し続けるコワーキングオフィスWework。ここには大企業からスタートアップまで、多様な業種と職種の人々が行き交う。

ここでは、Weworkで働く人々をインタビュー形式でご紹介していく。



SeahawkMEDIA
Gautam Khorana 氏[COO]

14年に渡り家族と経営する宝石輸出Bello Jewels Pでウェブサイトの運営を手掛け、実務を通してデジタルマーケティングの世界に専心した。2019年にSeahawkMEDIAのCOOに就任し、インドグルガオンを拠点に20人以上のチームメンバーを率いる。

SeahawkMEDIAとは?

SeahawkMEDIAは、アメリカ・ボストンに本社を置く世界トップクラスのドメイン販売、ホスティング、WordPressによるウェブサイト構築、デザイン・サービス、SEO対策やメールマーケティングまでを幅広く手掛けるグローバル企業だ。

その安価な価格帯と最新トレンドを取り入れたデザインや機能性の高さからアメリカのみならず、インドでもスタートアップ企業に熱烈な人気を集めており、2018年2月のインドローンチではWeworkのイベントスペースを大いに賑わせた。

アメリカ基準のサービスを提供しながらインド市場での適正価格を実現

COOのGautam Khorana氏は「SeahawkMEDIAでは、期日管理、品質、人材、全てをアメリカ基準に合わせているんだ。」と言う。

デザインチームはポーランドに8名在籍しており、彼らが中心となってウェブデザインを制作する。SeahawkMEDIAがこれまで制作してきた美しいWordPressデザインはDribble.comでみることが出来る。


SeahawkMEDIAがデザインしたWordPress
 
これまで、旅行・医療・衣類ECサイト・教育などあらゆる分野のウェブサイトの提案をしてきた。すでにインドでも多くのクライアントを抱えているが、日本人女性にも大人気のahujasonsやサイバーハブなどにも出店しているパンケーキショップihopなどのウェブサイトリニューアルも手掛けている。


ahujasonsのリニューアルサイト

期日管理もアメリカ基準と謳っているが、インド人スタッフにどのように期日管理を徹底させているのかを質問した。

「期日管理のクラウドアプリを活用している。このアプリでは、各担当者のタスクが細かく設定でき、視覚的にもボトルネックが理解しやすい。またこのアプリにはクライアントにもログインする権限があり、プロジェクトの進行の透明性を維持している。

SeahawkMEDIAのサービスにご興味のある方、ウェブサイト制作のリニューアルや構築をご相談されたい方は、hello@storytelling-jp.com (日本語対応可)まで。
 
「インド市場を知る」記事一覧へ

関連記事