ビジネスパーソンにとってのヨガのメリット

ビジネスパーソンにとってのヨガのメリットとは

そこで、本企画の監修を務めるVyom Wellness Yoga & Ayurveda主宰のミカ先生に、ビジネスパーソンがヨガを取り入れることで得られるメリットを、これまでの指導経験などから具体的にご紹介いただきました。
 

腰痛や肩こりなどの不調を取り除く

ヨガでは、血の巡りや代謝が良くなり、結果、腰痛や肩こりなどの体の不調が改善される効果があります。
普段使わない筋肉や関節を意識的に使っていき、体の感覚を覚醒させます。
そこに呼吸を入れることがヨガにとって最も重要であり、ストレッチやエクササイズとの大きな違いです。

血圧低下、コレステロール減など体内環境を整える

ヨガの呼吸法には様々な方法と効能があり、症状別に使い分けることで改善を促すことができます。
継続的に行う多くの人には、健康診断で「血圧が下がった」「コレステロールや中性脂肪の数値が下がった」などの効果が数字に表れます。
しかし、間違った方法で行うと、かえって症状を悪化させることもあります。正しい知識を持った指導者のもとで行うことが大切です。
 

不眠や疲労感の解消

ヨガの呼吸方は交感神経と副交感神経のバランスを整えてくれます。
ビジネスパーソンなどに多い交感神経が優位でイライラしやすい人は、ヨガを活用して副交感神経を高めることで、リラックス効果が得られ、よく眠れるなどの効果が期待できます。
また、副交感神経が優位で疲労感ややる気のなさがある人は、交感神経が高まり、心身の活力を取り戻すなどの効果が得られます。呼吸、体、精神は密接に繋がっているのです。


集中力を高める

ヨガの中で実践する、体の感覚や呼吸、心の状態などの何か1点に集中するという取り組みは、日常生活の中でも生かされます。集中力を高めるスキルは、仕事の生産性向上にもつながります。
また、ヨガを行うことで体と脳の休息、感覚や意識の覚醒を促します。これによって、仕事の心配事やストレスから自己を解放し、仕事とプライベートの切り替えが上手く出来るようになります。
 
限られた時間で最高のパフォーマンスを求められるビジネスパーソン。仕事の生産性を高めていくためには、自身のスキル向上や業務改善だけでなく、日常生活の中で、こまめに心身の状態を振り返り、心も体も健康を維持していく必要があります。

ヨガは、そんな心身の健康を維持する手段の一つとして有効です。日常生活に取り入れることで、ビジネス現場でハイパフォーマンスを生み出す心と体を手に入れてはいかがでしょうか。

次回は、ビジネスパーソンが抱える具体的な心身の悩みを取り上げ、それらに対するヨガ的アプローチ方法をご紹介します。
 
何事もそうですが、続けないと効果を実感できません。そこで今後の本企画では、日常生活で取り入れられる、出来る限り手軽なアプローチ方法をご紹介していきたいと思っています。是非、次回からの記事も参考にしていただき、ご自身の日常生活にヨガを取り入れてみてくださいね。


【監修】Vyom Wellness Yoga & Ayurveda主宰・ミカ

Vyom Wellness Yoga & Ayurveda‐インドでヨガとアーユルヴェーダを学ぶ、インドグルガオンのヨガとアーユルヴェーダ教室
【ホームページ】http://www.vyom-wellness.com
「成長を加速する」記事一覧へ

関連記事