最新レポート:急成長するインドの旅行・観光産業 【前編】

インド人の最新旅行トレンドとは?

まとめ

旅行・観光産業は、 大きな外貨獲得源であることに加えて、大規模な雇用創出源でもある。

インドは世界遺産の数で7位にランクされているなど、観光名所も多い。しかしその反面、治安や衛生面での不安も大きいのが実情だ。

経済発展が今後も続き、世帯所得が堅調に増加しているインドに置いて、観光産業が今後しばらく成長を続けるのはほぼ間違いない。特にミレニアル世代と呼ばれる、20歳から40歳ぐらいまでの若年層の消費動向がインドの旅行・観光業界に大きな影響を与えるだろう。

インド国内の観光スポットが整備され、よりアクセスしやすい豊富な情報が増えれば、自然と海外からの旅行客も増えるだろう。

次回は観光地としての日本を主眼に、インド人旅行客から見た日本を取り上げる。
「インド市場を知る」記事一覧へ

関連記事