「インド経済の現状と展望」

Shiva-Station LIVE「インド最前線」vol.6

ゲスト紹介

佐藤 隆広氏

神戸大学経済経営研究所教授

同志社大学商学部卒業,同大学大学院商学研究科博士課程単位取得退学後
福岡大学商学部専任講師
大阪市立大学大学院経済研究科准教授を経て
現在,神戸大学経済経営研究所教授 博士(経済学)大阪市立大学

<研究概要>

これまで,開発経済学の分析手法を用いて,インド経済が現在直面するさまざまな経済問題を分析してきた。そのなかでも,マクロ経済問題と貧困問題の解明に重点を置いている。最近の具体的な研究テーマとしては、次の3つである。

(1)1991年にスタートしたグローバリゼーションがインドのマクロ経済やマクロ経済政策にどのような影響を及ぼしているのか、という問題意識のもと、①インド経済の総要素生産性の計測とその決定要因分析、②インド金融政策の有効性の検証、③インドにおける実質為替レートと貿易収支の長期関係、などの研究課題に取り組んだ。

(2)インドでは、人間が生存するうえで必須カロリー水準を摂取できない絶対的貧困層が国民の約3割も存在している。こうした絶対的貧困問題を考察するにあたって、インドの労働市場の構造とその変化に注目している。そうした問題意識のもと、①労働市場の柔軟化が与える雇用に対するインパクト、②出生率の決定要因、③貧困緩和計画などの公共政策の評価、などの研究課題に取り組んだ。

(3)インドは、現在、二輪および四輪自動車生産の世界的な集積地となっている。この背景には、ホンダやスズキなどのインドに進出した日本企業の役割を軽視することができない。日系企業がインドの産業発展に果たしてきた、あるいはこれから果たすであろう役割を考察するために、日印経済関係に関する歴史的な分析とインド進出日系企業に関する基礎的データベースなどの構築を行っていた。
 

<トークのポイント>

長年インド経済の研究をされており、最近はコロナ禍における日系企業のビジネス状況の
レポートも発表されておられます。今回はモディ政権下の中でどれだけインドビジネスが成長してきたのかを中心に語っていただきます。
ビジネス視点だけでなく、研究対象としてのインド経済に関して、ぜひ一緒に学びましょう!

チケットのご予約はこちらから:
https://shiva-station-vol6.peatix.com/
「インド市場を斬る」記事一覧へ

関連記事