直撃インタビュー!インドはコロナでどう変わった?

#3 健康に対する意識の変化

【インタビュー相手】

社会人三年目 / ハイデラバード在住 / 2017年に大学院(修士課程)を卒業後、シンクタンクに就職し、現在リサーチャーとして勤務

 

【インタビュー内容】

■ 質問①

新型コロナ感染拡大前と現在で自身の健康に対する意識は変わったか?

■ 回答

個人的な衛生管理、例えば手を洗うだとかそういった基本的なことはもちろん意識するようになりました。正直、意識しすぎというレベルかもしれませんが、気を付けるべきところはしっかり気を付けています。基本的な衛生管理以外には、身体の健康に対しても勉強するようになりました。ただ、一番意識が変わったのはメンタルヘルスに対する意識だと思います。いくら衛生管理に気を付けて身体を健康に保っても、心にダメージを負ってしまう人はインドにもいるので、ストレスを抱えないように気を付けています。

新型コロナウィルスが感染拡大する前は気軽に友人と出かけて一緒にご飯を食べたりなどできていましたが、今は一人の時間が増え、すべてを自分で実施・管理する必要が出てきましたので、余計なストレスを抱えないように気を付けています。

 

■ 質問②

健康のために以前はやっていなかったことで、現在やっていることは何かあるか?

■ 回答

以前よりエクササイズをするようになりました。瞑想する時間も増やしました。心身共に健康でいられるように、この二つを特に注力して取り組んでいます。あとは栄養についての勉強です。外食がしにくくなったので、自分で料理をする必要が出てきたのですが、そうすると以前に比べて栄養について考えるようになり、今では健康な食事を自分で作ることができています。

 

■ 質問③

インド人の健康に対する意識についてどう思うか?課題は何?

■ 回答

インド人の健康に対する優先順位は、今までは高くなかったように思います。何か病気になってから初めて健康に対して真剣に考えるようになるくらいで、病気にならない、病気と診断されない限りは健康に気にしない人が多かったのではないかと思います。予防というものが重要視されていなかったというのもありますが、なにより通勤や仕事など、多くの時間を別のことに取られて、あまり健康に対する時間を割けなかったのではないかと今は思います。

しかしながら、新型コロナウィルスでこの状況が一変しました。今では多くの人が自分自身の健康を見つめ直しており、予防という観点からすると非常に良いことだと思います。

 

■ 質問④

健康に関して個人的に一番驚いた変化はなにか?(想定外の変化等)

■ 回答

今までは、「健康について意識して、自分をケアしないと」と思っていたような人でも、私を含めて結局行動に移さないことが多かったと思います。しかしながら、新型コロナウィルスの影響で実際に行動に移す人が大幅に増えました。正直、これほどまでに行動に移す人が増えるとは思っておらず、個人的にはそれが一番大きな驚きでした。

他には、いいか悪いか分かりませんが、インド人の多くは今までであれば風邪や熱など少し体調の不具合が出ただけで街の診療所に行く人が多かったのですが、今では感染が怖くて病院に行きたがらない人が増えました。しかしそれによって自分で自分の症状を調べる、基本的な医学知識を得て学ぶようになった人が増えたように思います。意識の問題でここまで行動が変わるのかと改めて驚かされています。

 

■ 質問⑤

今後インドの「健康市場」はどうなっていくと考えているか?

■ 回答

製薬会社は今後さらに売り上げを伸ばしていくことは間違いないと思います。特にハイデラバードは製薬業界でも有名な都市ですので、ハイデラバードの製薬業界も成長すると思います。また、良くも悪くも製薬関連とか健康関連の商品は売れていくのではないかと思います。実は必要のないものだとしても、健康に良いというマーケティング文句を前面に押し出されれば、それが売り上げを伸ばしてしまう可能性は十分あります。

あとは医者やナースの需要は増えているので、教育業界においては医療教育や医学部受験対策などの需要が増すのではないかと思います。

~インタビュー終了~

「インド市場を斬る」記事一覧へ

関連記事