直撃インタビュー!インドはコロナでどう変わった?

#3 健康に対する意識の変化

インドの健康問題はインドが抱える社会課題の一つですが、新型コロナウィルスの影響により、「予防」という概念を意識し始めた人は多くなった印象を受けました。富裕層だけでなく中間層も頻繁に手指消毒をしている姿を街で見かけますし、感染防止のために多くの人がマスクを着用しています。健康食品だけでなく、免疫アップに効果的とされる食品・食材の売れ行きも良いという記事も数多くみかけます。意識が変わると行動が変わるということを証明するようなインタビューであり、今後もさらにインドに予防意識が根付いていくことを期待したいと思います。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。インフォブリッジでは、日印オープンイノベーション促進のためのサポートやハッカソン運営、事業開発支援を行っています。日本企業のインドでのシナジー創造・事業拡大をサポートいたしますので、ちょっと気になること等、インドに関することなら是非お気軽にお問合せください!

 
infoBridge logo
山本 勝則
Infobridge India Pvt. Ltd.
大学卒業後、2017年より、インドにおけるマーケティングやコンサルティングサービス・新規事業創出サービスを提供するインフォブリッジに入社。

<インフォブリッジグループについて>
2006年より日系大手メーカーを中心に、高級品からマス商品迄、幅広く市場調査や事業企画、新商品開発支援等を行っており、インドにおける一からの事業開発の支援も行っています。また、インド政府やインド企業の日本企業との、ビジネスマッチングにも数多く携わっています。グループにインド国内10拠点以上を構える市場調査会社、デリー近郊グルガオンでのレンタルオフィスサービス運営会社を持ち、様々なクライアントのインド進出ニーズに応えます。また、現地法人インフォブリッジ・インディアとの連携を活かし、法人設立や販路開拓、マーケティングの他、現地大学生・テック関連技術者などを募ったハッカソン・アイディアソンの開催、スタートアップ支援など、幅広くインド進出をワンストップで支援しています。

ウェブサイト: http://www.infobridgeasia.com/
お問い合わせ: http://www.infobridgeasia.com/contact/
「インド市場を斬る」記事一覧へ

関連記事