日本語で履歴書を書こう

職務経歴書とは?



職務経歴書とは、自分の職歴や職歴を時系列で記入する重要なシートのことです。ルールや順番はありますが、履歴書ほど厳密なフォーマットではありません。また、応募者の自己PRスキルを可視化する場でもあるので、インパクトがあって簡潔な職務経歴書を書くことに時間をかけましょう。最も重要なことは、このシートではプログラミング言語やソフトスキルなど、自分の保有するスキルをすべて強調して書くことです。もし、マネージャー経験があるならば部下の数も含め強調して書きましょう。

もう一つ、アドバイスがあります。些細なことに見えるかもしれませんが、過去に勤めた会社の名前と規模(従業員数や売上高など)を忘れずに書きましょう。他国から来たのですから、日本の雇用者はインドの大企業の名前であったとしても必ずしも知っているとは限らないからです。

まとめ

これを読んでいる人にとって、自分で日本語の履歴書を作成するのは初めてかもしれません。最後に最も重要なアドバイスがあります。 日本語の文章や単語に間違いがあったとしても、外国人の応募者なので多少は大丈夫ですが、文章の途中に文字化けしたテキストを残してしまうなどの安易なミスはしないようにしましょう。それは誰もがGoogle翻訳のペーストだと気づきます。それは間違いなく日本語には見えないので、あなたでもそのようなエラーを見つけることができます。採用者があなたについてポジティブな印象を得られるような努力をしましょう。その逆であってはいけません。

(原文)
Understand Japanese resume
https://eijcareer.in/resources/understand-japanese-resume/
「日本で採用する」記事一覧へ

関連記事