インド オリッサ州2023年男子ホッケーワールドカップの開催地に決定

インド南東部に位置するオリッサ州は、ヨーロッパ各国からの反対の声のある中、2期連続で2023年男子ホッケーワールドカップの開催地となると発表された。国際スポーツの開催地となることで、その地域の発展に寄与するため、同じ地での2回連続開催は、インド国内で立候補していた地域からも失望の声があった。

2023年のワールドカップは、2018年に開催されたBhubaneswar市に加え、Roukela市でも開催されることになるため、Roukela市はインフラ等の整備のために約600クロール(約92億円)の予算を計上することになり、政府ではなく、主に企業からの税金で賄われるという。

*ルピー、円換算レートは2019年12月16日現在

〔参考元〕
Times of India
Roukela to get Rs600 crore facelift before 2023 Hockey World Cup
 
「スポーツ」記事一覧へ

関連記事