熱いお茶と冷たいお茶、健康に良いのはどっち?

長年お茶(紅茶)を飲む人にとっては、どのように飲むかが決まっている人も多いだろう。冬には温かいお茶を飲み、夏には冷たいお茶を飲むと言うのは一般的ではないだろうか?しかし、健康に良いと言う点で見ると、温かいお茶と冷たいお茶ではどちらが良いのだろうか?
 

抗酸化作用

お茶は抗酸化作用が豊富に含まれた飲み物だ。しかし、お茶から抗酸化作用を十分に抽出したければ、冷たい水でお茶を淹れる必要がある。
 

ガン

驚いたことに、熱いお茶を飲み過ぎると、癌になるという研究結果がある。特に喫煙、飲酒をする人にこの傾向がある。そして熱湯を入れた直後に飲む事も食道ガンを発生しやすくさせてしまう。
 

肥満の人には冷たいお茶

無糖の冷たいお茶は体重を減らそうとしている人、特に肥満の人には効果的だ。更に高血圧、や循環器系の問題にも良い効果があるという。
 

冷たいお茶のその他の効果

冷たいお茶の効果は抗酸化作用以外にも、豊富な栄養にある。この効果を得たければ、必ず冷たい水でお茶を淹れる事だ。

〔参考元〕
Times of India
Hot tea vs iced tea: Which one is better for health?
 
「生活」記事一覧へ

関連記事