アンバニ率いるリアランスは、Future Groupの株式を2471億3,000万ルピー(約3562億円)で買収

【ニューデリー】億万長者のMukesh Ambani氏のリライアンス・インダストリーズは土曜日、急成長する小売事業を強化するためFuture Groupを2471億3,000万ルピー(約3562億円)で買収すると発表した。

同社は声明で、「リライアンス・インダストリーズの子会社であるリライアンス・リテール・ベンチャーズ(以下、RRVLと称す)は、Future Groupから小売・卸売事業、物流・倉庫事業を事業譲渡として、総額2471億3,000万ルピーで買収する」と述べている。

今回の買収により、リライアンスは、食料品から化粧品、アパレルなどあらゆる商品を販売するBigBazaarを有するFuture Retailと、ファッションディスカウントチェーンのBrand Factoryを運営するFuture Lifestyle Fashionsを買収するとこになる。

リライアンスは食品、ホームケア、パーソナルケア製品を販売するFuture Consumer を買収するが、Future Groupの金融・保険事業は今回の買収には含まれていない。

石油から化学製品まで扱うの複合小売事業は、インド最大のオフライン小売企業だ。近頃のオンライン展開にもかかわらず、同社はオフラインでの規模を拡大しようと躍起になっている。Futureはリライアンスの小売事業にうまく適合しており、オフラインでの小売事業の拡大に貢献しているため、規模の拡大により利益率のさらなる改善が見込まれるだろう。

同氏の会社はFuture RetailとFuture Lifestyle FashionsというFuture Group事業を保有する2つの会社のプロモーター株をすべて買い取ったが、Amazonの保有のFutureがどうなるのかは今のところ不明だ。

昨年8月、AmazonはFuture Coupons Ltd.の株式49%を買い取った結果、Future Retailの株式1.3%を間接出資を得ている。この投資によりAmazonは3年から10年後にFuture Retailに投資することができる。

この提携関係は、1月にAmazonが食料品から化粧品、衣料品まであらゆるものを販売するFuture Retailの認定オンライン販売チャネルとなったことで強化された。

Relianceだけでなく、Futureによる別の声明では、取引がFuture Enterprises Ltd.の少数株主から26%の株式保有を取得するための公開買い付けを実施しているという。

Future Groupは、「Big Bazaar、fbb、Foodhall、Easyday、Nilgiris、Central and Brand Factory to Reliance Retail、およびReliance Retail Ventures Ltdの完全子会社であるFashion Lifestyle Ltd (以下、RRFLLと称す) などの主要フォーマットを含む小売および卸売事業を事業譲渡する」と述べている。

また、物流倉庫事業をRRVLに事業譲渡で売却する予定だ。同声明は、「RRFLL及びRRVLは、当該事業に関連する特定の借入金及び流動負債を引き継ぎ、残高対価を現金にて返済する」としている。

FELは今回の買収後も、FMCG商品の製造・販売、ファッションの総合ソーシングと製造の統合事業、ゼネラリ保険会社の共同企業体、NTC Millsの共同企業体を有する。

RILは声明の中で、この買収は、Future Groupが、上記の事業を営む一部の企業をFuture Enterprises Ltd.(以下、FELと称す)に合併させる計画の一環として行われたものであると述べている。

小売部門はRILの売上高の約4分の1を占めている。同氏は同社の年次株主総会で、Relianceが小売事業の戦略的パートナーを探していると述べた。3~5年以内に同社のIPOを検討する可能性がある。

Future Retailは1,550店舗を展開している。その主力となるブランドはBigBazaar、FBB、Foodhall、Easyday、Heritage Fresh、WHSmithである。Future Lifestyle Fashionは354店舗を展開している。

Relianceからの投資は、Futureの創業者であるKishore Biyani氏の負債削減に役立つだろう。しかし、今回の買収契約は、アメリカのオンラインショッピング大手AmazonとFutureが提携するリスクを冒す可能性がある。

RelianceとFutureの提携は、インドの小売業界での競争を激化させるだろう。Amazonは既に同国への55億ドルの投資を約束しており、Walmartは2018年に地元のeコマース大手のFlipkartを160億ドルで買収している。

一方、RILは、同スキームの一環として、小売・卸売事業をRRFLLに移管し、物流・倉庫事業をRRVLに移管すると発表した。

また、RRFLLは、FELの優先発行に120億ルピー(約173億円)を投資して、合併後の株式の6.09%を取得し、優先発行の新株引受権に40億ルピー(約58億円)を投資する予定である。この新株引受権は、転換され、発行価格の残り75%が支払われると、RRFLLはFELのさらに7.05%を取得することになる。

Reliance Retail VenturesのディレクターであるIsha Ambani氏は、次のように述べている。 「今回の取引により、Future Groupの有名なフォーマットやブランドの拠点を提供するとともに、インドにおける現代の小売業の発展において重要な役割を果たしてきたビジネス・エコシステムを維持することができ嬉しく思う。

今後も小売業界の成長を牽引していくために、大規模な消費者ブランドだけでなく、小規模な販売店やキラナとの積極的なコラボレーションモデルを構築していきたいと考えている。我々は、全国の消費者に価値を提供し続けることを約束する」

Future GroupのCEOであるKishore Biyani氏は、「この再編と取引の結果、Future Groupは、新型コロナウイルスとマクロ経済環境によって引き起こされた課題に対する総合的な解決策を達成する。この取引は、すべての事業に継続性を与える貸し手、株主、債権者、サプライヤー、従業員を含むすべての利害関係者の利益を考慮に入れている」と述べた。

[参考元]
THE TIMES OF INDIA
Ambani's Reliance buys stake in Future Group for Rs 24,713 cr

「経済」記事一覧へ

関連記事