シャープ、プラズマクラスターイオン技術で 空気中に浮遊する「新型コロナウイルス」91%不活性化に成功

●プラズマクラスターイオンの新型Coronavirusに対する効果試験

シャープは、プラズマクラスターイオン技術の新型コロナウィルスに対する効果実証の為、長崎大学感染症共同研究拠点の安田 二朗 教授等と共同実験を行った。実験概要は以下である。

試験装置
ウィルス液噴霧装置、曝露したウィルス液の回収装置、プラズマクラスターイオン発生設置を容器に設置し作成。(動画1参照)

条件
プラズマクラスターイオン濃度:約1000万個/cm3 (プラズマクラスターイオン発生装置付近で測定)

試験空間容積:約3L
曝露時間:約30秒
検証ウィルス:新型コロナウィルス (SARS-CoV-2)

試験方法
1.ウィルス感染細胞から調整したウィルス液を噴霧。ウィルス液は気流により、常に装置内を循環する様にした。(動画1参照)

2.噴霧したウィルス液にプラズマクラスターイオンを曝露後、回収。

3.回収したウィルス液からウィルス感染価をプラークアッセイ*により評価。

*プラークアッセイは、被験物質中のウイルスの感染能を測定するのに用いる標準的な生物学的アッセイ。

対照試験
対照実験として、上記と同条件の実験を、プラズマクラスターイオン発生器を取り除いた試験装置で実施。

「経済」記事一覧へ

関連記事